はじめてのWordPress

WordPressとは

WordPressはオープンソースのソフトウェア

WordPressは、Web制作知識のない人でも手軽にWebサイトを運営できるようにすることを目的として作らてたオープンソースのソフトウェアです。WordPressを使うことで、更新性が高く利用者に信頼されるWebサイトを作り上げることができます。

オープンソースとは、ソフトウェアのソースを公開し、再編、再配布を許可することです。WordPressは、2003年に最初のバージョンが開発者のマット・マレンウェッグ氏によって公開・配布された後、世界中の多くの人々を巻き込んで開発が進められてきました。

オープンソースであることによって、得られるメリットは数多くあります。まず第一に無料で利用できるということです。一部の外部サイトではプラグインやテーマを有料で販売していることもありますが、WordPressの公式サイトから入手できるプラグインとテーマは全て無料です。

WordPress日本語公式サイト
WordPress日本語公式サイト https://ja.wordpress.org/

Webブラウザひとつでサイト制作・運営ができるCMS

WordPressのように手軽にWebサイトを制作・更新するためのシステムは、「CMS」と呼ばれています。CMSとは、Content Management System(コンテンツ マネジメント システム)の略です。画像や文章など、Webサイトを構成する要素を「コンテンツ」と呼びますので、CMSは「Webサイトをマネジメントするシステム」ということになります。

CMSの大きな特徴は、Webブラウザから管理画面にログインをして、ページの更新や追加、デザインの変更などができることです。つまり、Webサイト制作から運営に関するほぼ全てのことが、Webブラウザひとつでできるのです。

管理画面
管理画面
公開するWebページ
公開するWebページ

ライセンスの確認は必須

オープンソースと似た言葉で「フリーウェア」というものがあります。フリーウェアはソフトウェアの購入や利用に料金が発生しない点がオープンソースと同じですが、ソースコードの公開や改変は認めていません。フリーウェアは作者が無料で配布してくれたソフトウェア、オープンソースはみんなで一緒に開発していくソフトウェア、というイメージがちかいでしょう。

では「WordPressはオープンソースだから何をしても良いのか」というと、それは違います。オンライン上で配布されているソフトウェアを利用する前に、必ずそのソフトウェアのライセンスを確認するようにしましょう。ソフトウェアのライセンスにはよく使われているものがいくつかあり、その中のひとつがWordPressでも使われているGPL(GNU General Public License)です。

GPLは概ね、「ソフトウェアの実行の自由/改変の自由/複製物の再頒付の自由/改良を公開する自由」という、4つの自由を許諾しています。また複製物についてもGPLが適用されるため、開発に携わる人数が増えるにつれて爆発的に改良のスピードや機能の数が増加していきます。

困ったときはインターネットで検索

WordPressはインターネット上で育ってきたソフトウェアですので、情報の多くはインターネット上で探すことができます。困ったときは以下で紹介するWordPress公式サイトで調べてみてください。公式サイトに記載がない場合でも、検索エンジンで調べたら多くの外部サイトで情報を見つけることができるでしょう。とにかく、WordPressで困ったらネットで検索を習慣付けることが、WordPress上達の近道です。

WordPress公式フォーラム
WordPress公式フォーラム https://ja.wordpress.org/support/
WordPress公式マニュアル
WordPress公式マニュアル http://wpdocs.osdn.jp/Main_Page
ページのトップへ戻る